プロフィール

Atelier ORIENTAL PRINCESS 主宰 清水 祐子(Yuko Shimizu)について
profile-6-1

1977年京都に生まれ、
デザイナーの父と茶道家の母のもとで育ちました。
幼い頃から芸術的なものに触れる機会が多く、
モノづくりの楽しさはまずは両親から教わったように思います。

そんな私がタイの伝統工芸「カービング」に出会ってその美しさに魅了され、
はるばる本場のタイまで技術習得のための旅に出ました。
タイではその道何十年という先生方に数々の技術やデザインを教わり、
その奥深さにさらに心を奪われていきました。


また、同時期に陶器に絵付けをする「ポーセラーツ」にも出会い、
カービングとはまた違った長い歴史があり完成度の高い作品の数々に
さらなるモノづくりの楽しさを見出しました。

現在でも「モノづくり」「素敵な出会い」「心安らぐ時間」の3つをキーワードに、
カービングやポーセラーツに留まらないアート作品の制作にチャレンジしています。
様々な分野のモノづくりを融合させ、さらに自分らしさを追求し
世界にひとつだけのモノを作り出すことを日々楽しんでいます。

カービングとポーセラーツはどちらも人気の高い趣味の分野でありますが、
その2つを結びつけるのが「お料理」であると考えています。
いつかは3つを融合させトータルで日々の暮らしを豊かにできるような
ご提案やレッスンができればと模索中ですので楽しみにしていてくださいね。

アトリエのレッスンの中では、日常の雑踏から解き放たれリラックスした雰囲気の中で、
カービングやポーセラーツを楽しんでいただければと思っております。
友達の家に遊びに行くような感覚でアトリエにお越しいただき、
レッスン後はティータイムでホッとくつろいでいただけるような
そんな空間づくりを心掛けています。

こんな私に、そしてカービングやポーセラーツにご興味を持ってくださった方々と
アトリエでお会いできることを楽しみにしております。

PERSONAL HISTORY~カービング・ポーセラーツとの出会いから今日まで~


 2009年9月 

 
脱OLしカービング修行のために渡タイ
バンコクにあるMalisa Language & Culture Schoolにて修了証取得
主にPiyanat Niamsuwan先生に師事


 2010年3月 

大阪・北浜にAtelier ORIENTAL PRINCESS 設立
フルーツ&ソープカービングレッスンを開始


 2010年7月 

Studio DOLCE 田中久仁美先生の元でポーセラーツを学び始める


 2011年6月 

二人展「彫花饗宴」およびガラス工房しゃんてぃーと合同教室作品展を開催
ギャラリー4匹の猫(大阪・梅田)にて


 2011年7月 

消しゴムはんこ用「ほるなび」カービング作品の展示
国際文具・紙製品展 ISOT (東京)、文紙MESSE (大阪)
株式会社SEED様のブースにて 


 2012年7月 

教室作品展「Comme des Papillons~蝶のように~」を開催
ギャラリーキャナル長堀(大阪・心斎橋)にて


 2012年9月 

日タイ修好125周年記念イベントにてフルーツカービング作品の展示
タイ王国大阪総領事館にて


 2013年2月 

「18th 日本の美術 全国選抜作家展」に出展
東京・上野の森美術館にて


 2013年4月 

「いけばなインターナショナル・第22回フェスティバル」に出展
タイ王国大阪総領事館として
大阪国際交流センターにて


 2013年4月 

「Neo Japonism in Vienna」に出展
オーストリア・ウィーンのシェーンブルン宮殿にて


 2013年5月 

東京都中央区・勝どきへアトリエを移転
大阪にて認定講師の教室スタート


 2013年6月 

「第21回国際平和美術展・国内展」に出展
東京芸術劇場にて


 2013年9月 

「第21回国際平和美術展・海外展」に出展
ウクライナ・キエフ市のウクライナ芸術家協会展示館にて


  2014年3月 

ハンドメイド石けんマイスター資格取得
ハンドメイド石けんマイスター養成講座を開始


 2015年3月  

日本ヴォーグ社ポーセラーツインストラクター資格取得
ポーセラーツレッスンを開始

Have a Query?